お役立ち資料ダウンロード


資料を無料でダウンロードできます。メールアドレスなどの情報をご入力後、ご登録のメールに資料が送られます。


ハラスメント防止のための3つのアプローチ

通称「パワハラ防止対策関連法」では、事業主の講ずべき措置として規程や相談体制の整備などが義務付けられました。

もはやパワハラはモラルの問題ではなくコンプライアンスの問題となりました。とはいえ「人間が集団をつくって生きている限り、差別やいじめは必ず起きる。あるいは、すべての人間が差別といじめをする潜在可能性を背負っている。」と言えます。

企業としては、単にコンプライアンス問題として対応するのではなく経営課題として位置づけ、センターピンとしての「信頼関係づくりによる生産性向上」を目指すことをご提案いたします。

そのための3つのアプローチを解説します。